「漢方」と「生薬」~意外と身近な漢方・生薬由来の薬について

「漢方」と「生薬」とはどのようなものなのでしょうか?というとなんだか難しくきこえるかもしれませんが、身近な「葛根湯」や「龍角散」もその一種です。このサイトでは私が漢方や生薬を実際に飲んだ際の体験談とその効果、また、漢方薬の買い方などについてもお話できればと思いますので、参考にしていただけたら幸いです。

*

八味地黄丸(はちみじおうがん)は尿トラブルのある方向けの漢方薬です

      2017/03/08

■膀胱炎から頻尿、尿漏れに……

かつて私の働いていた仕事は、事務職ですが受け付けもするという仕事で忙しいときは窓口に来る人が恨めしく思うこともある仕事でした。来客が多い時には、トイレにも行けず我慢することも多くなりました。

トイレット

そんな時にかかってしまったのが膀胱炎です。先輩に相談したところ、先輩も経験者でともかく医者に行って膀胱炎対策の抗生物質を出してもらいなさいと言われ、会社を早退して近くの医院を尋ねました。

尿トラブルでみんなが行きたがらない理由として、患部を医師に見せなきゃいけないのではないかと、悩む人も多いのですが、膀胱炎などは尿検査と問診だけなので、安心して通院してほしいです。重篤な症状でなければ内科でも処方してもらえます。

こんな風に若いころに膀胱によくないことをしてしまったせいか、頻尿、尿漏れに悩むようになってしまいました。尿漏れは最初は生理ナプキンで対処していましたが、尿漏れ対策用のパッドを使う方が楽です。吸収力が違います。生理用ナプキンのように羽つきのものもあって症状に合わせて大きさも選べます。

症状を改善するために、膀胱炎でお世話になった医師に相談すると、尿漏れ用の筋肉の体操などのパンフレットもいただきました。

■「八味地黄丸」が頻尿、尿漏れに効くらしい

そんな時に目に入ったのが、排尿困難、残尿感、夜間尿、頻尿、尿漏れに効果が期待できるという「八味地黄丸(はちみじおうがん)」という漢方薬でした。

八味地黄丸

クラシエさんの漢方セラピー、ツムラさんの商品、その他のメーカーの八味地黄丸の中から、クラシエさんの漢方セラピーの「八味地黄丸」を選びました。

■八味地黄丸の副作用は?

薬剤師さんに相談しながら選んだのですが、妊娠・授乳中ではないことを確認され、さらに薬で皮膚に発疹やかゆみが出たことがあるか聞かれました。配合されている生薬の成分の副作用対策としてのヒアリングだったのですね。

八味地黄丸の副作用としては皮膚症状の他に、食欲不振、胃の不快感や胃痛なども見られるのでこの症状が出たらすぐに相談してくださいと言われました。妊娠した場合も、医師に八味地黄丸を飲んでいることを告げるように言われました。

■八味地黄丸の効果は?

1ヶ月ほど続けましたが、私の症状は改善しませんでした。効果・効能は、夜間尿、頻尿、尿漏れやむくみ、のどの渇きなどがあるのですが。効いたのかなと思う効果・効能はのどの渇きとむくみくらいでした。

八味地黄丸は、私には効きませんでしたが、初期の症状の軽い人には八味地黄丸の生薬の成分による効果・効能があったという口コミも見ています。私の場合は若いころからの蓄積で漢方では補いきれなかったのかもしれません。

■過活動膀胱も疑ってみましょう

その後過活動膀胱という病気があると知り、近くの泌尿器科で相談して、効果があるかと薬(漢方ではない)を処方してもらいました。するとそちらの薬の効き目は早く、夜トイレに起きることも無くなり、睡眠不足も解消されました。この診断も尿検査のみですので、頻尿・尿漏れで悩んでいるという方、八味地黄丸が効かなかったという方は、過活動膀胱を疑ってみてもいいかもしれません。

 - 未分類

  関連記事

カコナール
身近な漢方の風邪薬「葛根湯」について

■風邪の初期症状には「葛根湯」がおすすめ 私が漢方を始めて飲んだのが、ツムラさん …

半夏
漢方薬「半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)」との出会いは市販薬の「ストレージ」

■喘息の治療はお金がかかる ある年、咳が長く続きました。レントゲンを撮ったり、あ …

命の母
「命の母」も女性のための漢方薬だって知ってましたか?

■「命の母」って一体何の薬? 子供の頃、意味の分からなかったCMに「命の母」と「 …

龍角散
龍角散は江戸時代から使われている日本の漢方ともいえる生薬

■いわゆる粉タイプの「龍角散」について 龍角散のイメージって、年代によって違って …

防風
防風通聖散は、体重が気になる人の漢方薬です

■防風通聖散は病院で処方してもらえるの? 私が、防風通聖散と出会ったのは、ひざを …

調合
漢方とは?生薬とは?~意外と身近にあるあれも生薬のひとつです。

漢方とは?生薬とは?いうとなんだか難しい生薬を使って調合するそんなイメージを持っ …