「漢方」と「生薬」~意外と身近な漢方・生薬由来の薬について

「漢方」と「生薬」とはどのようなものなのでしょうか?というとなんだか難しくきこえるかもしれませんが、身近な「葛根湯」や「龍角散」もその一種です。このサイトでは私が漢方や生薬を実際に飲んだ際の体験談とその効果、また、漢方薬の買い方などについてもお話できればと思いますので、参考にしていただけたら幸いです。

*

漢方薬「半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)」との出会いは市販薬の「ストレージ」

      2017/01/22

■喘息の治療はお金がかかる

ある年、咳が長く続きました。レントゲンを撮ったり、ありとあらゆる咳止めを試してもダメで、大きな病院の呼吸器科に行って喘息の診断を受けました。

喘息を抑える薬、毎日のどに吹きかけるステロイド剤、発作を起こした時の吸引の薬など毎月の支払額も大きかったです。喘息は普通の病気と違って、医師が長期にわたって管理すると言うことで管理のためのポイントも付くのでちょっと割高な治療なのです。

それでも長く続く咳がつらかったのがウソのように治って良かったので、頑張って続けていました。

■咳が止らない原因はストレスかも

あわせて喘息の人の集まる座談会などで勉強した中で、ストレスからくる喘息もあるという話題もありました。

前置きが長くなりましたが、私はストレスをためやすい性格です。なのでテレビで「ストレスからくる咳にストレージ」というCMを見た時に、この薬は、私の為のものだと直感し、すぐに薬局に走りました。

するとその薬局は偶然に漢方薬局でもありました。

ストレージに使われている中身は半夏厚朴湯で、ストレージを飲むよりも半夏厚朴湯を飲んだほうが生薬の成分が同じで価格が安いし、効き目も高いですと言うことでした。

ただ漢方薬は毎日飲み続ける前提なので、分量が多く値段も高かったので、正直に高くて買えないと言いました。

すると、その漢方薬局ではバラ売りで試してみますか?とストレージの分量と同じくらいの半夏厚朴湯を売ってくれました。特別扱いだったのかもしれませんが、薬剤師さんのやさしさに今も感謝しています。

私が現在使っているのはクラシエの漢方セラピーの半夏厚朴湯です。中がしっかりしたアルミの袋なので購入した段階で2年くらいの使用期限がありました。漢方セラピーのHPは、わかりやすい説明もあって自分の体の不調にはどんな漢方が合うんだろうと探すこともできるのでおすすめです。

漢方セラピー http://www.kracie.co.jp/ph/k-therapy/

■半夏厚朴湯の効果や効能は?

半夏厚朴湯の効果や効能は、のどの詰まるような感覚やうつ病、不安神経症、不眠などとあります。

半夏厚朴湯の名前の「半夏」はのどの詰まりに効果が期待できる成分や痰を切る効能が期待できます。

半夏

161228_0910

「厚朴」は、精神をリラックスさせる意味での筋弛緩作用があります。それにこちらも痰を切る効果があるのでそれが精神に働きかけてストレスや不安を取り除いてくれる効能が期待されています。

また妊娠中のつわりにも効果があります。これは、妊娠中の不安やイライラに半夏厚朴湯の精神安定の効能が役立っていることがあります。また胃の不快感や嘔吐などにも効くと言われています。

ただ、妊娠はいつもと違う症状なので、かかりつけ医の指導を仰いでから使うことをおすすめします。また、半夏厚朴湯は、生後三か月未満の乳児に使用することが禁止されています。

■半夏厚朴湯の副作用は?

副作用としては、皮膚の発疹・発火・かゆみが現れる人がまれに出るそうです。副作用かと思った時は、すぐに使用を中止して箱の中の説明書をもって医師・薬剤師などに相談してください。

 - 未分類

  関連記事

カコナール
身近な漢方の風邪薬「葛根湯」について

■風邪の初期症状には「葛根湯」がおすすめ 私が漢方を始めて飲んだのが、ツムラさん …

調合
漢方とは?生薬とは?~意外と身近にあるあれも生薬のひとつです。

漢方とは?生薬とは?いうとなんだか難しい生薬を使って調合するそんなイメージを持っ …

防風
防風通聖散は、体重が気になる人の漢方薬です

■防風通聖散は病院で処方してもらえるの? 私が、防風通聖散と出会ったのは、ひざを …

命の母
「命の母」も女性のための漢方薬だって知ってましたか?

■「命の母」って一体何の薬? 子供の頃、意味の分からなかったCMに「命の母」と「 …

龍角散
龍角散は江戸時代から使われている日本の漢方ともいえる生薬

■いわゆる粉タイプの「龍角散」について 龍角散のイメージって、年代によって違って …

八味地黄丸
八味地黄丸(はちみじおうがん)は尿トラブルのある方向けの漢方薬です

■膀胱炎から頻尿、尿漏れに…… かつて私の働いていた仕事は、事務職ですが受け付け …